あきらめネットblog

「平和をあきらめない人々のネットワーク・福岡」のblog
【転載】外国人排斥を許さない6・13緊急行動への参加・賛同の呼びかけ
<外国人排斥を許さない6・13緊急行動への参加・賛同の呼びかけ>
 Join a 6.13 Emergency Action-----No to Foreigner Ostracism and ZaiTokuKai

★6月13日にデモを企画しています★
 音楽あり踊りありシュプレヒコールありのデモです。
 在特会の主張に違和感を持つ方は、その気持ちを表現するために是非!是非!ご参加下さい。一人でも多くの方の参加が本当に必要です!
 当日の参加が無理な方は、匿名でも構いませんので賛同をお願いいたします!
 (↓当日のスケジュール、賛同の送り先は下の方にあります↓)

 2009年4月11日埼玉県蕨市で、不法滞在を理由として両親が強制送還され、日本政府により家族と別れて暮らすことを強いられた中学生のカルデロン・ノリコさんの自宅・学校に押しかけるという卑劣なデモがありました。その内容は外国人を犯罪者と断定し、日本から追い出せという主張でした。主催したのは「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などです。

 今回その在特会などが、京都市で外国人参政権に反対するデモをしようとしています。私たちは今回の彼らの行動が、京都にとどまるものではなく、また外国人参政権を巡る問題だけにとどまるものでもなく、日本に新しく現れた排外主義的な動きであると捉えています。今はまだ彼らの動きは大きくないものに見えますが、不況下においてファシズムや外国人差別が肥大化した歴史を思い起こすとき、今回の動きを見過ごすことは出来ません。そこで私たちは今回彼らがデモをしようとしている6月13日に抗議の意味を込めて、「外国人排斥許さない6・13緊急行動」としてデモを企画しました。

 このような外国人排斥の風潮を許さないのだという強い意志を全国的に示すことが今必要とされているのではないでしょうか。時間が限られた中で恐縮ですが、本行動への皆様の参加と賛同を広く呼びかけます。

★Join a 6.13 Emergency Action-----No to Foreigner Ostracism and ZaiTokuKai

On April 11th, 2009, there was a demonstration which insists the foreign people as criminals and tries to ostracize foreign people from Japan. As a part of the demonstration, participants called at a house and a school of Miss. Noriko Calderon who was compelled to live alone because her parents had been extradite as illegal immigrant by Japanese Government.
This demonstration was organized by ZaiTokuKai. This group is now planning a new demonstration in Kyoto against enfranchisement of foreign people.
We consider this movement is not only Kyoto province, or enfranchisement of foreign people, but an action of newly risen exclusivism in Japan. This movement has not been sophisticate, but we can not overlook their activities
as we remember growing Fascism and Exclusivism during depression.
Now, we planned an anti-action against ZaiTokuKai as “6.13 Emergency Action-----No to Foreigner Ostracism and ZaiTokuKai.” Although, there is not enough time till this action, we call on for your participate and adhesion.

★外国人排斥を許さない6・13緊急行動★
◆日時 6月13日(土)
 11:00 京都・三条河川敷集合→11:30 デモ出発→12:30 デモ解散(三条河川敷)→解散後ビラ配り
 11:00  We meet at River area of Sanjo, Kyoto→11:30 Demo. Start→12:30 Demo. finish→We hand the leaflets on a street.
◆主催:外国人排斥を許さない6・13緊急行動実行委員会
◆連絡先:613action@gmail.com

■注意事項
・在特会はネット上への動画のアップを戦術的に行っていますので、当日私たちの行動に対する撮影が予想されます。不当な撮影には抗議していきますので、その際は実行委員に声をかけるようにして下さい。それでも撮影を完全に防ぐことは難しいので、顔を写されたくない方は各自で工夫をお願いいたします。
・当日の撮影は、基本的に実行委員会のみに限らせていただきます。撮影を希望される方は事前に613action@gmail.comまで連絡を下さい。
 We regulate shooting of demonstration. But ZaiTokuKai may take photos of you without permission. Please be aware to protect your own privacy.
If any of participants would like to take photos of the demo., please contact to the committee (613action@gmail.com) beforehand.

==メールフォーム(下記をコピー&ペーストして613action@gmail.comまでお願いします)==

●外国人排斥を許さない6・13緊急行動に賛同します。
I sympathize with the “6.13 Emergency Action.”

○賛同団体・個人名(肩書きがあれば) Name(individual or group)

○公表します・公表しません Can we publish the name? (Yes or No)

○一言メッセージなどあればお願いします Post your message, if you have.

==================================================

 ナチスが共産主義者を攻撃したとき、自分はすこし不安であったが、とにかく自分は共産主義者でなかった。だからなにも行動にでなかった。次にナチスは社会主義者を攻撃した。自分はさらに不安を感じたが、社会主義者でなかったから何も行動にでなかった。それからナチスは学校、新聞、障害者、ユダヤ人等をどんどん攻撃し、そのたびに不安は増したが、それでもなお行動にでることはなかった。そしてナチスは教会を攻撃した。自分は牧師であったから行動にでた。しかし、そのとき自分のために声を上げてくれる者はいなかった。
(マルティン・ニーメラー・ナチスに抵抗したルター派牧師)

■6月3日18時時点での賛同は個人・団体合わせて128名です(敬称略)。
【個人】青柳行信(NGO人権・正義と平和連帯フォーラム・福岡代表)、浅井美里、在野真麻(Wheelchair's EYE)、RS(東京都)、五十嵐守、石原みき子、稲葉奈々子(茨城大学准教授)、イダヒロユキ、伊藤公雄(京都大学教授)、ぅきき、宇野善幸(大学院生)、梅尾直人、遠藤礼子、大須賀護(仏教者)、大月英雄、岡晃子、小野俊彦(fuf)、各務勝博(京都プレイバックシアター)、垣渕幸子、角崎洋平、叶信治(東九条のぞみの園副施設長)、河添誠(首都圏青年ユニオン書記長)、川端諭、木谷公士郎(司法書士)、木下直子、金友子、草加耕助(京都市民・『旗旗』サイト管理人)、熊沢誠(研究会「職場の人権」代表)、黒瀬隼人(自由労働者連合評議会議長)、黒目(有象無象)、高敬一(KMJ事務局長、NPO法人サンボラム理事長)、上瀧浩子(弁護士)、近藤昇(寿日雇労働者組合)、酒井隆史(大阪府立大学准教授)、崎山政毅(立命館大学教員)、櫻田和也(indymedia japan)、佐藤恵(カトリック正義と平和協議会)、さぶろう(東京)、澤田春彦(自由労働者連合)、塩見静子、嶋田頼一、首藤九尾子、白崎朝子、鈴木耕太郎、高橋淳(生活書院)、高橋慎一(ユニオンぼちぼち)、竹林隆、田中渥子、田中玲、立岩真也(立命館大学教授)、張ヨンテ、鶴見俊輔(哲学者)、冨田成美、中倉智徳、中村和雄、仲村実(管理職ユニオン・関西副委員長)、西浦隆男、西岡裕芳、野々村耀、ハギハラカズヤ、橋口昌治、橋野高明、原田光雄(聖公会司祭)、濱西栄司(京都大学大学院)、樋口直人(徳島大学准教授)、平田正造(ヨシノ支援プロジェクト代表)、平田義(愛隣館研修センター)、藤井かえ子(神戸YWCA)、藤谷祐太、舟木浩、細川孝、堀田義太郎、堀内慶子、堀江有里(日本基督教団・牧師)、前川純一、松本朗、南守、三牧建一、村上麻衣、村木美都子(NPO法人東九条まちづくりサポートセンター事務局長)、村田豪、盛岡晋吾、役重善洋(パレスチナの平和を考える会)、山口智之、山本純、山本崇記(関西非正規等労働組合)、由良哲生(寿日雇労働者組合)、吉田幸恵、吉田信吾、ヨシノユギ(大阪医科大GID医療過誤裁判原告)、渡邊太、渡辺学、匿名(14名)
【団体(22)】アイヌ・沖縄を考える会、アジェンダ・プロジェクト、ATTAC関西、ATTAC京都、うさちゃん騎士団SC、釜ヶ崎医療連絡会議、釜ヶ崎パトロールの会、関西単一労働組合、関西非正規等労働組合(ユニオンぼちぼち)、関西フィリピン人権情報アクションセンター、旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画・京都、京都精華大学社会科学研究会、憲法を生かす会・京都、社会運動研究会、高齢者特別就労組合準備会、「心の教育」は、いらない!市民会議、寿日雇労働者組合、失業と野宿を考える実行委員会、すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク(RINK)、反戦と生活のための表現解放行動、PeaceMedia、ペンギンの会(自立障害者グループ)
| あきらめネット管理者 | 呼びかけ・募集 | 22:30 | - | - | pookmark |
5.10さが ストップ!プルサーマル人文字フェスタ 


プルサーマルよりカーニバル


行事案内板

5.10さがストップ!プルサーマル人文字フェスタに参加しよう
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃プ┃ル┃サ┃ー┃マ┃ル┃よ┃り┃ 脱プルサーマル・バスツアー
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫――――――――――――――
┃ ┃カ┃ー┃ニ┃バ┃ル┃!┃!┃ 2009年5月10日(日)
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛

危険な原子力発電やプルサーマル計画よりも、
もっとあるはず、色んなでんきのカタチ。
そんなカーニバルを作っていこう。

プルトニウムがない世界を。
プルトニウムがなくなれば核兵器はつくれません。
プルトニウムがいらなくなれば再処理工場もいりません。
再処理工場がなくなれば、海や空は放射能で汚染されません。
プルサーマルをしなければ再処理はする必要もありません。
プルサーマルをやめて、幸せな未来をつくりましょう。

と き:5月10日(日)8:30〜17:00
ところ:佐賀県どんどんどんの森公園

8:30 集合 天神(昭和通り・日本銀行前)
もしくは 博多駅(筑紫口・ホテルセントラーザ博多横)
人文字フェスタ当日スケジュール:
10:00 開場
11:00 ライブスタート
13:00 リレートークスタート
14:00 人文字作り
15:00 人文字完成・空撮 県庁へパレード
18:00 博多駅もしくは天神着(予定)

リレートークゲスト:鎌仲ひとみ 田中優 藤田祐幸 アイリーン・スミス
ツアー参加費:おとな 1,500円 / こども 1,000円(席が必要な場合)
定 員:100名(貸しきりバス2台)
申込・問合:TEL 092-522-8336/ 092-567-8350
FAX 092-522-8308 f-info@npo-kibo.jp
主 催:エネルギーの未来 わたしたちの未来 実行委員会
| 脇 義重 | 呼びかけ・募集 | 20:49 | - | - | pookmark |
こども病院「急患ラリー」に参加しませんか?

「福岡市立こども病院の人工島移転撤回を求める市民会議」は「急患ラリー」の参加者を募集しています。

こども病院が人工島に移ったら、どれだけ遠くなるのか。市民が自分の車で走って確かめようという催しです。
運転手と記録員の二人以上が組みとなってランドマーク各区の区役所から唐人町の現在地と人工島予定地に向います。
用紙ご請求など詳しいことは、添付資料をご覧ください。

博多湾会議は「市民会議」を応援しています。

博多湾会議
脇 義重
続きを読む >>
| 脇 義重 | 呼びかけ・募集 | 15:08 | - | - | pookmark |
2月27日午前10時、箱崎ふ頭5号岸壁へ
みなさん

 2月10日付の西日本新聞は「米海軍原子力空母ジョン・C.ステニス(102,000トン)が27日に佐世保基地に入港することに関連し、随伴艦のイージス艦プレブレが博多港に入港する計画があることが9日分かった。」と報じました。
 私たちは港湾管理者である福岡市長に接岸申請が出されているか情報公開を請求することにしていますが、イージス艦が入港・接岸することは博多港の軍事利用であり、絶対許せないと抗議行動を計画し、呼びかけます。
 お集まりください。そして、抗議しましよう。

2009年2月27日午前10時
博多港箱崎ふ頭5号岸壁に集合

場所と時刻が変更されたら、再度連絡します。


平和をあきらめない人々のネットワーク・福岡
| あきらめネット管理者 | 呼びかけ・募集 | 06:59 | - | - | pookmark |
米海軍イージス艦博多港入港抗議
 明日(11月6日)午前9時に横須賀基地に配属されている米海軍イージス艦「カーティス・ウィルバー」(排水量8480トン、135メートル)が博多港に入港し箱崎ふ頭5号岸壁に接岸します。
 友好親善と交流を入港目的にしていますが、アフガニスタンやイラク、そしてシリアなどで住民虐殺を繰り返している米軍を歓迎できませんし、しません。博多港の軍事利用を許しません。同艦の入港と接岸に抗議します。また、岸壁使用を許可した吉田市長にも抗議します。お誘いあわせのうえ、ご参加ください。

             記
時  11月6日(水)午後2時
場所 箱崎ふ頭5号岸壁

行き方
3号線、箱崎ふ頭西口(角にガソリンスタンド)から箱崎ふ頭に入って直進。突き当たりの一つ手前の四つ角を左折。徒歩20分。

平和をあきらめない人々のネットワーク・福岡
| あきらめネット管理者 | 呼びかけ・募集 | 21:45 | - | - | pookmark |
こども病院人工島移転住民投票署名 できます!
 
天神へ行って・・・
署名をしよう!!


署名は9月28日まで、できます。
投稿者:脇 義重(福岡市立こども病院人工島移転の是非を問う住民投票を実現させる会)

街頭署名・予定表
9月23日(火) 15:00〜17:00 岩田屋本店前
16:00〜18:00 姪浜駅前

9月25日(木)  7:00〜 8:30  西新駅前
17:00〜18:00 姪浜駅前

9月26日(金)  7:00〜 8:30  藤崎駅前

9月27日(土) 15:00〜17:00  岩田屋本店前

9月28日(日) 15:00〜17:00  岩田屋本店前

是非、ご家族、お友達連れでお越し下さい。お待ちしております。

意思決定は私達の手で!
住民投票実現の為にご協力下さい。

福岡市立こども病院人工島移転の是非を問う住民投票を実現させる会
代表 西頭京子 090-8833-5575
    佐野寿子 090-3070-3024
http://www.happy-heart-fukuoka.org/jyumin.htm
続きを読む >>
| 脇 義重 | 呼びかけ・募集 | 08:51 | - | - | pookmark |
福岡市立こども病院の人工島移転の是非を問う住民投票を実現させる会

受任者になってください


7月28日、福岡市長はこども病院の人工島への移転を正式決定し、公表しました。しかし、その強引なやり方に市民の多くは怒っています。
福岡市の小児科、産科医療の現状に対応することなく、場所だけを、しかも市民だましの方法で移転場所だけを決めたのです。
患者やその家族と市民が協力して「福岡市立こども病院の人工島移転の是非を問う住民投票を実現させる会」(「住民投票の会」)が活動を始めています。8月末から一ヶ月間で署名を集めて、住民投票条例制定の請求をするもので有権者の50分の一以上の請求署名を集めます。
請求代表者と受任者(選挙人登録の区のみ)しか署名を集められません。受任者用紙は住民投票の会 http://www.happy-heart-fukuoka.org/jyumin.htm から取り出せます。受任者になってください。受任者になっていただけそうな方をご紹介ください。ファックスなどで送信してぐさい。

2008年8月3日
住民投票の会 脇 義重
続きを読む >>
| 脇 義重 | 呼びかけ・募集 | 19:33 | - | - | pookmark |
平和の声を挙げよう
平和の声を挙げよう!

友よ、この闇の向こうには
友よ、輝く明日がある

衆議院は給油・給水新法を再可決した。
喫緊の「国民意思」が、小泉改革によって覆された。
嘆くまい。

再議決で「憲法の平和」が崩されたことを忘れない。
銘記すべきは、捩れているのは、二院ではなく民との間。
民の力が国会を凌駕する。

国会は承認外しの新法を承認した。
政府の索敵・封鎖・戦闘にお墨付きを与えた。
恐るるべきは、政府の加担外交と軍部の独走。
給油・給水に限定した行動だと夢思うまじ。
情報収集・現地訓練・航路確保。
戦前と酷似。軍隊持つ国の常道。軍事の鉄則。
この時期を外し、問責決議は見送り三振。
民主党に賭けた気持ちは粉々に。
大連立どころか、単なる与党協力。

続くは、派兵恒久法策謀。
SM3に続いて、PAC3の全国配備。
汚職摘発、内部を抉っても大臣訴追は腰砕け。

G8サミット関係諸国、何処も軍隊を展開している。
福田首相「米国だけではなく、国際社会」という協力相手。
アフガン、イラクに進駐させて、何が協力、復興支援。
平和憲法かなぐり捨てて、再びインド洋に自衛艦を派遣。

友よ、この闇の向こうには
友よ、輝く明日がある

国会で進路は決まらない。
私たちの社会は私たちで決めていく。
どんな社会か!
路上を解放し、私たちがつくる”平和をあきらめない”、
「じゃなか社会」をつくること。


改憲状況に立ち向かうぞ!情宣に行こう!
19日(土)午後5時 天神コア前

                2008.1.12

平和をあきらめない人々のネットワーク・福岡
世話人    脇 義重





| 脇 義重 | 呼びかけ・募集 | 23:10 | - | - | pookmark |
【重要!賛同お願い】教育基本法の「改正」ではなく理念の実現を!
○「教育基本法の「改正」ではなく、その目的=憲法の理想実現を求める申し入れ書」への賛同のお願いです!

弱小市民運動のやれることで、国会の動きなどにどこまで打撃を与えられるのか分かりませんが基本的にはこういった一人一人の抵抗の声によってしか動かせないという確信めいたものもあります。みなさん一人一人の賛同をぜひお願いします。
 
続きを読む >>
| (ono) | 呼びかけ・募集 | 15:17 | - | - | pookmark |
博多湾会議 「いらんばい福岡オリンピック版2号」
博多湾会議会報 いらんばい福岡オリンピック版 2006年6月8日 第2号発行
博多湾会議 連絡先:862−8980(荒木)090−3011−9375(脇)福岡市東区奈多1−6−13 脇 義重気付

博多湾と福岡市の破壊につながる福岡オリンピック反対特別版第2号をお届けします。

報告
06年1月16日 “いらんばい!福岡オリンピック”の会を結成し、請願署名活動開始。
2月 4日 “いらんばい!福岡オリンピック”の会が天神で署名活動を行った。
   8日 博多湾会議「官製オリンピック招致チラシ撒き」市長に抗議した。
  18日 “いらんばい!福岡オリンピック”の会が天神で署名活動を行った。
3月 2日 博多湾会議「市長のオリンピック招致費への4,900万円の
         流用予算返還を求める住民監査請求」を起こした。 
   6日 博多湾会議は人工島とオリンピック招致予算不採択請願
   8日 “いらんばい!福岡オリンピック”の会は7,327名の署名を添え
      て、オリンピック福岡招致反対の請願を提出した。
  14日 “いらんばい!福岡オリンピック”の会の会合が開かれ、署名の継
        続、NOC、JOCなどへの働きかけ等を決めた。  
  17日 “いらんばい!福岡オリンピック”の会が請願陳述。 
  28日 市議会本会議で人工島とオリンピック関係の請願不採択の議決され
       た。
  29日 オリンピック招致費への予算流用返還住民監査請求で脇が意見陳述。
4月14日 福岡市がオリンピック施設整備と概算費用試算及び市財政負担
         案発表
  20日 “いらんばい!福岡オリンピック”の会と博多湾会議が「オリンピッ
      ク整備計画に抗議し、招致活動の中止を求めます!アンケートをする
      なら、オリンピック招致の賛否を問うべきです!」と市長に抗議し
       た。
  27日 1.福岡市監査委員はオリンピック招致費への予算流用返還住民監査
        請求を棄却しました。
      2.“いらんばい!福岡オリンピック”の会はJOC会長に「福岡市
        は反対意見や財政困難などの点から開催は受入れられない」と
         書簡郵送。
  29日 「いらんばい!福岡オリンピック市中パレードを行いました。
5月 7日 天神でオリンピック賛否1時間「街角投票」、賛成29票反対148
      票
  12日 福岡市は市民5000人にオリンピックに関するアンケート(賛否不
      問)を実施しました。
  20日 西新でオリンピック賛否1時間「街角投票」、賛成26票反対154
      票
  23日 博多湾会議などりメンバー7名が福岡地裁に「福岡・九州オリンピッ
      ク招致に係る予算流用損害賠償請求訴訟」を提起しました。
  24日 “いらんばい!福岡オリンピック”の会のメンバー3名が日本オリン
      ピック委員会を訪れ、中森オリンピック推進室長と面談し、会長宛の
      要望書「福岡市を2016年夏季オリンピックの国内候補地になさら
      ない」を託しました。
6月 3日 大橋でオリンピック賛否1時間「街角投票」、賛成20票反対102
      票   
   7日までに、加盟50団体に「福岡を選ばないで!」と手紙と要望書送信
       済。
予定   
6月10日より、JOCに届け!福岡市開催はダメ!1万枚「はがき」大作戦開始。
6月10日(土)午後2時 福岡銀行香椎支店辺りでオリンピック賛否「街頭投票」  
7月24日(月)午前11時 福岡地裁301号 オリンピック住民訴訟第1回公判 

福岡オリンピック住民訴訟の会へのお誘い
博多湾会議はこの活動を主体的に担うとともに、皆様にご参加を呼びかけます。

2006年6月10日
                            博多湾会議
 福岡市長は財政的にも担えないことが明白であるにもかかわらず福岡オリンピック招致活動を進めています。民間調査会社やテレビ局の調査や私たちの「街頭投票」の結果でも市民の7〜8割が反対しています。5月、市のアンケート調査結果も74%が無回答でした。4月に出された整備計画に対して市民の間から抗議が、また、財界からも実現性の困難性の指摘が出されています。
このように、市民が反対なのに独り市長だけが政策を強行するという独裁を招来させたのは、4900万円もの予算流用でした。市長は「オリンピック招致にお金はかからない」と公言し続けてきました。出費が必要となるや、補正予算を組むという順当な手続きさえとらず、2005年度予算を削ったです。「不用額を集めた」と主張していますが、年度半分の9月にどうして不用だと判定出来るのでしょうか。否定していますが、当初計画事業削減によって市民福祉事業が抑制されたのです。
5月23日に提訴された「福岡・九州オリンピック招致に係る予算流用損害賠償請求訴訟」を進めるため、「福岡オリンピック住民訴訟の会」の活動が始まります。地方自治法の改正によって、今回の訴訟は「被告福岡市長が執行機関して、山崎広太郎市職員に対し損害賠償を請求せよ」という前段訴訟となります。市民が勝訴したら、福岡市代表監査委員が山崎広太郎個人に対して60日以内に賠償請求しなければならないことになります。
争点を訴状から再現します。(この部分すでに掲載)省略

福岡オリンピック住民訴訟の会規約(2006年6月10日制定)

第1条(名称)
 会は「福岡オリンピック住民訴訟の会」と称する。
第2条(連絡先)
 会の連絡先を福岡市東区奈多1−6−13 脇 義重気付とし、
電話連絡先を092−862−8980、090−3011−9375、
wakikwan@jcom.home.ne.jp とする。
第3条(目的)
 会は「福岡・九州オリンピック招致に係る予算流用損害賠償請求訴訟」を原告とともに進めることを目的とする。
第4条(会員)
1 会の目的に賛同しこの規約を認める者は会員となることが出来る。
2 会員は一口1,000円の支援カンパを会費に充てる。
3 会員は会の活動に積極的に参加する。
第5条(役員・運営)
1 会に次の役員を置く
   代表1名、事務局長1名、会計1名、会報担当1名、事務局若干名
  役員は総会で選出する。
2 月に一度の定例会を開き、会の活動を協議する。
第6条(活動)
 会は裁判を進めるにあたって、次の活動を行う。
公判準備
裁判傍聴
会報発行
費用募金 
第6条(寄付金)
 会は運営の目的にそった寄付金を収納することがある。その出納は会計が行う。
第7条(改正)
 規約改正は総会で行う。
会の郵便振替用紙ができるまで、博多湾会議の振替口座をご利用ください。

ここには「払込取扱票」の見本が貼り付けられます。
博多湾会議の振替口座は 01770−3−59692 博多湾会議 です通信欄に☆ 福岡オリンピック住民訴訟支援カンパとして一口1000円×(  )口        円 


| 脇 義重 | 呼びかけ・募集 | 22:17 | - | - | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ カウンター
ブログパーツUL5
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE