あきらめネットblog

「平和をあきらめない人々のネットワーク・福岡」のblog
<< 明日16日 「返還と密約」 話し合い | main | やだね戦争!反安倍アクションvol.6  8月3日 >>
オスプレイ受け入れ要請撤回を求める
1.お知らせ
今日、平和をあきらめない人々のネットワーク・福岡は、内閣総理大臣に佐賀空港へのオスプレイ配備要請への抗議と撤回を求める書状を送りました。
                        2014年7月24日
 
内閣総理大臣
  安倍晋三殿
 
            平和をあきらめない人々のネットワーク・福岡
             福岡市東区
           
佐賀空港へのオスプレイ配備要請に抗議し、撤回を求める
7月22日、武田良太防衛副大臣が佐賀県庁で古川康知事と会談し、購入予定のオスプレイ17機全機を佐賀空港に配備するよう要請しました。
佐賀空港への配備は、尖閣列島を含む南西諸島「防衛」のためだとしています。
しかし、集団的自衛権行使容認の閣議決定、特定秘密保護法制定などで安倍内閣が急速に日本を戦争する国に変えようとしている今、オスプレイの配備はそうした動きを速めることになります。また、県営佐賀空港が軍事利用されることになれば、今後、福岡空港など全国各地の民間空港が戦争に動員されていきます。佐賀県は漁協と「佐賀空港を自衛隊と共用しない」と協定しており、こうした県営空港へのオスプレイ配備要請は、憲法の平和主義と地方自治を損なう、ありえない暴挙です。また、離島防衛のために新設される水陸機動団の拠点となる佐世保に近く、陸上自衛隊目達原駐屯地のヘリコプター50機を配置し、普天間飛行場の米軍オスプレイも海兵隊とともに佐賀空港に常駐させる方向だとされていること、隣接する土地の買収も計画されていることなどから、今回の要請を受ければ、佐賀空港は米軍と自衛隊の巨大な軍事施設に化してしまいます。不要・不急の公共事業と指摘された民間の佐賀空港は、作られてしまえば、今回のように軍事利用の対象とされるのです。
オスプレイの航続距離は最大で3900kmとされ、中国深部から尖閣を含む南西諸島まで飛んで、作戦行動をとることができます。オスプレイの配備はこれまでの「防衛」の域を超えた攻撃的配備となり、抑止力という名の武力による威嚇となります。安倍総理は「力による地域の現状変更は許されない」と繰り返し発言していますが、今回の日米両方のオスプレイ配備は東アジア域での現状の軍事バランスの変更であり、包括的力関係の「現状変更」そのものです。オスプレイ配備は地域の軍事的緊張を増大させます。
たちは、安倍内閣が憲法に違反して戦争を準備し、地方自治を踏みにじって戦争に加担させ、墜落事故や騒音被害などで、住民の生産と生活を脅かすことになるオスプレイ配備の要請を行ったことに抗議し、撤回することを求めます。

 
2.訴え
配備反対のメッセージを総理に送りませんか。
 〕港 東京都千代田区永田町2−3−1 首相官邸内  安倍晋三内閣総理大臣宛てにに送る。 
◆。eb 「官邸」検索し、意見書き込み欄に記入する。
| 脇 義重 | 声明 | 09:49 | - | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ カウンター
ブログパーツUL5
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE